「戦場ぬ止み」上映会大盛況!

遅くなりましたが、20日の映画上映会「戦場ぬ止み」の報告です。
当日は約150人が参加。チケットの売れ行きの倍の人数でした!
遠くは神奈川県の厚木市からも来てくれました。

映画で不屈の闘志を見せる文子おばあ

映画で不屈の闘志を見せる文子おばあ

感想文には、映画から受けた衝撃とともに、力になりたいという気持ちが伝わってきました。
以下、抜粋です。

・ぶち切れた。怒りで涙すら出ない。辺野古に行く代わりにできることがあるか? 泣く暇があれば先手を打って草の根で運動を続けなければ。

・すばらしい映画。文子おばあをはじめ、みんなの笑顔がすばらしい。沖縄の心を感動的に伝える映画。

・沖縄の歴史と実態がよくわかった。

・観たいと思っていた映画。辺野古に応援に行くとか、なにをしたらと考える。

・辺野古の現状がよくわかった。これからも反対の声をあげていく。

・見せていただき、感謝します。できることをやりたい。

・沖縄の人はなぜあんなに強いのか

・映像描写はていねいでリアルで美しい。しかし130分は長い。編集に工夫を。訴えは十分でした。

・この映画を全国に広げて生きたいと思いました。沖縄の悲しみ、苦しみ、怒りが迫ってきました。あとは言葉がありません。

なお、会場で沖縄へのカンパを呼びかけたところ、3万円も集まりました!

使い道は「辺野古基金」と「ジュゴン保護キャンペーンセンター」にそれぞれ半分ずつカンパすることにしました。

ご来場いただいたみなさま、ありがとうございました!